月別: 2017年9月

注意点

オリゴ糖を摂取していてもいまいち便秘の解消ができなかったり、下痢になってしまったりと効果を実感できないという方はオリゴ糖の接種方法を見直す必要があるかもしれません。摂取しているオリゴ糖が自分のからだの善玉菌と相性が良くないということもあります。オリゴ糖の量や種類が自分のからだに合っていないと効果を実感するどころか下痢になってしまったりというケースもあります。腸内に棲息する菌の種類や数には個人差があり、オリゴ糖にも種類があります。善玉菌にも種類がありそれぞれで好むオリゴ糖の種類が異なるのです。善玉菌はオリゴ糖であればなんでも食べるというわけではありません。ですから自分の腸内に棲む善玉菌の好みに合ったオリゴ糖を選ぶことが大切なのです。

また、善玉菌の好みに合ったオリゴ糖がきちんと選べていても、その摂取量が多かったり少なかったりして効果を感じられないというケースもあります。少ないという場合には単に便秘の解消がされないということですが、多いという場合には下痢になってしまうことがあります。ですからオリゴ糖の摂取は少量から試してみて、どうしても効果を感じられないという場合には摂取量を増やしてみるというステップを踏むことをおすすめします。

オリゴ糖の整腸作用

オリゴ糖がなぜ便秘の解消に効果的なのか、そのカギは整腸作用にあります。まず、人間の腸内には菌が住んでおり、善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3種類の代表的な菌が存在します。善玉菌は名前の通り、人のからだにとってプラスの作用のある菌であり、腸内環境を整えてくれます。悪玉菌も名前の通り、人のからだにとってマイナスの作用をもたらします。腸内環境を壊す作用が悪玉菌にはあり、簡単に言えばこの善玉菌と悪玉菌のバランスによって腸内環境が良いのか悪いのかということが決まってきます。そして日和見菌というのはこの善玉菌と悪玉菌の勢力を見て、どちらか強い方に味方をする中立的な存在であると言えます。この腸内での勢力争いとも言える状態におちて、善玉菌が優勢である状態が続いた場合に腸内環境が整っている状態であると言うことができるのです

オリゴ糖は善玉菌のエサとなります。そのエサで善玉菌のパワーがみなぎり、その勢力が悪玉菌よりも強くなることが期待できます。そうすることで結果的に腸内環境が良好になり、腸内環境がよくなることで腸のぜんどう活動が活発になり便秘の解消が期待できるのです。

「オリゴ糖」は善玉菌のエサになり、善玉菌を元気にします。
元気になった善玉菌は縄張り争いで「悪玉菌」に勝利し、腸内環境を整え、便秘を解消してくれます。

またオリゴ糖には便のかさましの効果も期待できるため排便サイクルが早くなりこれも便秘の解消につながりやすいと言えます。

オリゴ糖で便秘の改善

オリゴ糖配合のヨーグルトなど、パッケージにオリゴ糖と書かれているものは増えています。オリゴ糖という名前は世間に広く浸透していて、オリゴ糖という名前を知っているという方は多いと思いますが、オリゴ糖とはなにかということや、オリゴ糖の効果について詳しく知っているという方は多くないのかもしれません。便秘の改善を期待してオリゴ糖の摂取を考えている方も多くいらっしゃるかと思いますが、まずはオリゴ糖とはなにかということや、オリゴ糖の効果的な接種方法について知るということが大切でしょう。

そもそもオリゴという言葉はギリシャ語で少ないということを意味します。ですのでオリゴ糖は少糖類とも呼ばれます。オリゴ糖とは、明確な定義はありませんが、一般的に言えば2個から数十個の糖類がつながったもので、その総称をオリゴ糖と言います。オリゴ糖の多くは単糖の2個つながった二糖類です。オリゴ糖はおよそ20種類あり、その中には小腸や胃で消化されにくい性質のものもあります。これらは大腸でビフィズス菌などの善玉菌と呼ばれる腸内細菌のエサとなりそれらの増殖を促します。これにより腸内の細菌バランスが善玉菌優勢となり、腸内環境が整えられるとされています。細菌では腸内環境を整えるのによいということで、オリゴ糖を配合した健康食品が多く販売されています。当サイトでは、便秘の解消を考えている方に向けて、オリゴ糖を利用した便秘の改善方法について役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。

カレンダー

2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930